修復とはプロフィール修復家の眼差し(コラム)修復家の小論工房便り
森絵画保存修復工房


工房便り




小論最終回本日アップ致しました。

今年2月の筆者の現地取材報告となっております。1966年のフィレンツェの洪水後から現在まで、50年に

渡る被災文化財保存の歩みを、当時の修復家の苦悩と活躍、その成果と問題点などを約1年かけて紹介していただき

ました。最終回では、イタリアならではの問題点が報告されています。ご一読下さい。

 

3月末ごろには、久しぶりに森直義のコラムを掲載予定です。

また、ご覧いただけましたら幸いです。                             (H.M)

 



お問い合わせ

Copyright (c) Naoyoshi Mori ART CONSERVATION Reserved.