修復とはプロフィール修復家の眼差し(コラム)修復家の小論工房便り
森絵画保存修復工房


工房便り




カテゴリー:お知らせ
応募資格:西洋絵画保存修復の専門課程卒業資格を有し、英語のコミュニケーション能力のある方。
     近現代美術の修復プロジェクトや国際的展覧会のコンサヴェショーンに関わる仕事をしたい方。
待遇  :経験と実力に応じて、協議の上、契約。

申し込み方法:HP上のお問い合わせから、10行程度の自己アピールを書いてお申込み下さい。
       当方から2日以内にご連絡致します。

現在、山形美術館で開催中の「ジョルジュ・ルオー展」関連イヴェントとして

「アトリエのルオー」と題した講演会を、来る4月28日(土)午後2時よりに山形美術館にて行います。

詳細は下記リンクよりご確認下さい。

http://www.yamagata-art-museum.or.jp/news/topics/2683.html

リアルタイムで生み出されている現代美術。

この保存に関する問題を考える公開シンポジウムのコメンテーターとして、弊社代表の森直義が登壇

させていただきます。ぜひ、ご参加下さい。詳細は以下の通りです。

 

日時:平成29年12月23日(土・祝)10:00~16:30

会場:福岡アジア美術館 あじびホール8F

 

シンポジウムプログラム、申し込み方法などの情報は下記リンクから確認下さい。

http://www.fukuoka-art-museum.jp/jb/html/jb01/fs_jb01.html

工房代表の森直義が、本展覧会展示のルオー作品に「この絵が名画である理由」をコメント

させていただきました。

この展覧会は、箱根ポーラ美術館で、2017年10月1日(日)~2018年3月11日(日)開催

 

詳細は、下記リンクからご覧ください。

http://www.polamuseum.or.jp/sp/best_collection_100/comment/

本工房代表の森直義による講演会のお知らせです。

英国 ウェールズ国立美術館所蔵 ターナーからモネへ 記念講演会(共催=広島県立美術館友の会)
「技法を読み解く―ターナーからモネへ―」
5月13日(土)13:30~15:00(開場13:00)

会場:広島県立美術館 地階講堂 

定員:200名(先着順)※聴講無料、申込不要。

  • 会場へのアクセスなど詳細は、広島県立美術館HPにてご確認下さい。http://hpam.jp

 

 

1 / 512345


お問い合わせ

Copyright (c) Naoyoshi Mori ART CONSERVATION Reserved.